旅の記録77 田ノ浦訪問

■日程■
2009/12/27-31
■距離■
@17.8km A0km
B14.7km
■同行者■
なし
■交通■
[行き]
JR光駅下車
[帰り]
知人の車で田ノ浦から室津バス停へ


 以前に、山口県上関町の祝島を訪れてから4年以上が経ちました。上関原発予定地では、埋め立て工事着工期限が迫っていた2009年10月頃から、動きが活発になっていました。中国電力による強引なブイの設置工事や、阻止行動をするカヤッカーへの暴行事件も発生しました。伝わってくる情報に触れ、映画の上映会にも参加するうち、少しでも自分にできる協力をしたいと考えて、再び上関町を訪れることにしました。
 東京からの夜行バスで広島駅へ。郵便局でカヤックを受け取り、JRで光市へ移動し、スーパーで食料を調達し、虹ヶ浜海岸を出艇。初日は好天で、約15km先の祝島がくっきりと見えます。右下写真の、左が祝島、右が小祝島です。

 冬の澄んだ空気と、奇麗な海。瀬戸内海にも、まだこんな美しい場所が残っているということを改めて実感します。途中に立ち寄った尾島は、休憩適地です。

 日暮れ前頃に、牛島(うしま)に到着。集落の東側でキャンプさせてもらいました。

 翌日は、北西の風が強くて、牛島で停滞。3時過ぎに、やや風の勢いが弱まりましたが、無理をするのは止めておいて、もう一泊キャンプすることにしました。島には酒屋が1軒ある程度で、食料を購入することはできません。暇だったので、光のスーパーで購入した米や野菜と、持参した調味料や乾物を少しずつ使って、いろいろ料理を作りました。この頃、普段からほぼ玄米菜食生活なので、耐乏生活には強いのです。

 翌日には風も治まり、いよいよ田ノ浦に向けて出艇。長島の北岸は、ほとんど道路も通っておらず、とても美しい砂浜が点在しています。日本でも、これだけの自然が残る海岸線は少ないのではないでしょうか。

 長島の西端に近づくと、懸案の黄色いブイが見えてきました。これが、埋め立て工事のエリアを示す中国電力のブイで 合計9個設置してあるそうです。後ろに見えるのが祝島で、肉眼でも集落の家まで見える距離です。

 西端の岬を回り込むと、田ノ浦の浜が見えてきます。4年前と比べると、森の木々が広範囲に伐採されて、荒れた山の地肌がむき出しになっていました。浜では、現地で阻止行動をしている人達が迎えてくれました。ここで、虹のカヤック隊の原さんの他、意外な知人にも再会しました。

 陸上では、かなり工事が進んでおり、高層ビルの基礎工事を思わせるような光景でした。差し入れのお弁当を頂いていると、爆音を立ててヘリがやって来て、我々の上空を何度か旋回して、去って行きました。空に向かって、「弁当欲しいと言ってもやんないぞ〜」などと、バカを言いながらも、非常に悲しい気持ちになってしまいました。

 この日は、海岸から徒歩10分程度の場所にある、山小屋に泊めて頂きました。ここは、13年前に、反対派の人達が、活動の拠点にするために共同で建てた建物です。巨大なソーラーパネルが設置されているのも、中国電力への抗議の意思表示なのでしょう。他にも、もうひとつ監視小屋が建てられていて、そこには最近住民票を移した人がいるそうです。このように、原発予定地の周りには反対派の所有する土地が多くあり、中国電力も手が出せません。本来なら、原子炉は地盤の安定した陸地に建てるべきもののはずですが、それができないので、やむなく埋立地に設置する計画になっているそうです。埋立地に原子炉を作るというのは、極めて危険であるのは、誰でも想像できることでしょう。

 翌日は風速15mの時化。予定では、この日に祝島まで行くつもりでしたが、断念してもう一日、田ノ浦での阻止行動に参加することにしました。と言っても、年末で、陸上も海上も工事は行われていないので、ビーチクリーンや、テントの修理や、食事の支度などしていただけです。午後からは、参加する人も増え、それぞれの思いを聞きながら、静かな時を過ごしました。

 翌日は、さらに風が強くなり、風速18mの予報。朝、海岸に出てみると、浜のテントが波に流されて崩壊するところでした。ちょうど、満潮と強風が重なり、砂浜の奥まで波が押し寄せてきたのです。歩くのもままならない程の暴風の中、次々に流されて行くテントや物資を見ていると、妙にテンションが上がって、笑うしかない気分でした。

 この日は、私は用事があったので、車で室津まで送ってもらい、バス、電車、新幹線を乗り継いで帰宅しました。家に帰り着いて、何事もなく終わったことに安堵感を覚えたのは、正直な実感です。

 今回のツーリングの前、ある一線を越えるべきかどうか、自分の中で大きな葛藤がありました。現地で、電力会社、工事関係者、ともすると国家権力との衝突があった場合、自分の体を張るべきか、傍観者としての参加に止めるべきか、という一線です。
 結局、確固とした決意には至らないまま現地に着いてしまいましたが、実際に田ノ浦での阻止行動に参加することで、自分の意識が、「知識を得て考える」段階から、「行動を起こす」段階へと移ったような気がします。

 簡単ではありますが、上関原発の問題点を列挙しておきます。詳しく知りたい方は、検索やリンクなどたどってみて下さい。
・瀬戸内海に残された貴重な自然や、太古から人の命を支えてきた漁場が、埋め立てによって破壊される。
・上関原発が稼働すると、7℃温度が上がった温排水を、毎秒約200トン排出する。既に稼働している愛媛の伊方原発と合わせると、瀬戸内海の環境への大きな影響が発生する。
・原発の運転、保守、解体時に、作業員が被爆し、健康被害が起こる。
・永久と言っていいほど長期間に渡って毒性が消えず、無毒化が不可能な放射性廃棄物を大量に発生させ、将来の世代に対して、負の遺産を生み出し続ける。
・地震や事故による放射能汚染のリスクが、瀬戸内海とその周囲全域に渡って高まる。
・巨大な送電線が上関町を始め、近隣の都市を通ることになり、大規模な森林や景観の破壊が起こる。
・電力需要は頭打ちになっており、今後、人口減、省エネ社会に向かう中、新たに電力供給量を増やす必要はない。

 このメリットを受けているのは、便利なオール電化住宅や、安い深夜電力を使う、都市住民です。そして、そのしわ寄せは、上関町のように「ターゲット」となった過疎地です。明日にも本格工事が始まるかも知れない状況で、反対派の住民やカヤック隊の人達は、使える手法は全て使い、体を張って毎日阻止行動を続けています。今、私が、エアコンの効いた部屋で、パソコンを使って文章を書いている間にも。さて、私にできることは何でしょうか? まずは、シーカヤッカーの立場として行動し、伝えることは、その一歩になったと思っています。

関連リンク:阻止行動への参加呼びかけと注意事項について